中国旅行観光ガイド

添乗員のウラ話-北京・上海・西安・世界遺産

*

華清池/楊貴妃

華清池は西安から東に30キロ離れたところに位置しています。唐の玄宗皇帝が楊貴妃とここに住んで温泉に入ったり、宴会と歌舞に明け暮れていた場所として有名です。華清宮には玄宗と楊貴妃のために蓮花湯と海棠湯という専用の浴室も造られました。楊貴妃はライチが大好きだったので、600キロも離れている産地から長安まで3日間でライチを運べという命令もありました。

kaseichi-1

唐代の有名な詩人白楽天は、玄宗と楊貴妃の華清宮におけるロマンスを素材にして長編の叙事詩「長恨歌」を作りました。「春寒くして浴を賜う華清宮、温泉の見ず滑らかにして凝脂を洗う」

華清池

 - 西安

  関連記事

世界遺産
中国世界遺産地図

ユネスコの世界遺産に登録されている中国の文化遺産・自然遺産の地図と名称を紹介しま …

碑林
陜西省博物館(碑林)

8万点以上の展示物があり石刻芸術陳列室、歴史陳列室、碑林から構成されます。石刻芸 …

兵馬俑
兵馬俑/秦の始皇帝/西安

西安 西安は陜西省の省都であり、人口702万人の大都市です。 昔は長安と呼ばれ、 …

鼓楼
鼓楼/西安

鼓楼は大太鼓が中にあり、時刻を知らせるためにそれを鳴らしていました。1380年に …

大雁塔
大雁塔(慈恩寺)

唐の皇帝高宗が立てた仏教寺院である慈恩寺の院内にあります。大雁塔は高さが64メー …